2012年11月アーカイブ

ドナドナ

年末に向けてNatasya家では、4S(整理・整頓・・・あとなんだっけ?)が進行中。

 

そんな中で、嫁ちゃんがこんなことを言う。

「実家にたくさんあるゲームソフトを売ったらお金になるんじゃない?」

 

ま、まさか実家にある俺の思い出のゲーム達に手を出せ、と・・・。

俺の嫁ちゃんは時に悪魔将軍だ・・・。

 

というのも、実は先日にも色々と売りにいったことが発端。

嫁ちゃんは服を。NatasyaはPSPソフトを売った。

その時は、嫁ちゃんの服は紙袋いっぱいで500円。

PSPソフトは3本で1800円くらいになって、

「あれ、ゲームソフトって結構お金になるじゃん」的な空気になった。

(たまたま、初音ミクproject divaが高値で売れただけなんだが・・・)

 

いや、確かに実家にある時点でゲームとしてプレイしていないのは

事実なんだが、そもそも物を売ることに対してあまりいいイメージが無いのだ。

 

どうせ安く買い叩かれるわけだし、

持ってたら持ってたでいつか思い出にひたることもできる。

 

しかし、そんなことを言おうものなら

日頃から嫁ちゃんに対して主張している「着ない服は処分すべき」

という発言に対して説得力をなくしてしまう。。。

 

うぐぅ。。。

 

ここは自らも身を削ることで覚悟を決めるべき、なのか。。。

 

 

ということで、とりあえず実家のゲーム棚を漁ってみることにした。

最初に思ったのは思ったより少ないな。ということ。

 

あれだけゲーマーだった自分なのに、こんなに少なかったっけ?。

誰かに貸したか、売ったか、、、思い出せん。まぁいいや。

 

なんだかんだでとりあえず、中身と箱がセットであるものをまとめてみた。

 

 DonadonaGame.JPG

 

うーむ。思ったよりベタなソフトしか出てこなかった。

 

FinalFantasy系、悪魔城ドラキュラ系、車モノ、競走馬育成系、、、

しかも初代PSやゲームボーイアドバンスド。すでに過去のプラットフォームだ。

 

しかし、その中で異彩を放っているのが1本だけあるな。

 

 

 NeoGeneration.jpg

PCエンジンSuperCD-ROM2 版の「卒業2 NeoGeneration」。

 

先日のエントリーで「卒業」のゲームのことを書いたが、あれの続編。

女子高生の担任教師が主人公という、まさに元祖育成シュミレーションだ。

 

作品としてはPSやセガサターンなどに移植されており有名ではある。

ただ、今さらPCエンジンというのがマニアック過ぎる。

高く売るには市場にニーズがあるかどうかだからだ。

 

プレミアという意味ではどうだろう。

PCエンジンとはいえ、有名シリーズのオリジナル版だ。

しかし、ここで重要なのは、この「2」の原画は竹井氏ではないということ。

※竹井氏の画風に似せていると思われ、騙されてる人多しなので注意な。

 

当時は「誰それ?」だった、「こばやしひよこ」という人なんだが、

今では一般誌に連載するような有名漫画家か。

これはもしかするかも?。

 

と期待しましたが、ヤフオクで即決価格350円だったのを確認してガックシ・・・。

(それでもセガサターン版やPS版よりは高いみたいだけど)

 

ってか、パッケージの右上にある「ARCADE対応」がなんだか泣ける。

PCエンジン最後の拡張機能して発売されたARCADEカード(15000円)。

15000円は痛すぎる投資だったけども、よくよく思うと

ARCADEカード用としてPCエンジンで発売された餓狼伝説スペシャルは、

他のどんな機種で発売された移植版よりも完成度が高かったな。。。

 

 

という風に、十分に感傷に浸ったので、元は取ったな。

これらを売る覚悟はできました・・・。

聖地再び

日々ヲタク化してモジョモジョしてるこんな私ですが、

 

「行きたい研修があったら行っていいから。

 べ、べつに君の為に予算を取ったんだからね!」

 

そんな上司のありがたいお言葉をいただきました。

そんなツンデレな思いにはちゃんと答えねば!。

 

一応IT関係な会社なもんですから、ありがちなのは、

情報処理系、ベンダー資格系の研修。

でも、誰でも受けそうな物をとっても面白くない。

やはりこういう時に大事なのは、ひねり、そしてオンリーワン。な発想で。

で、ちょっと面白い研修を見つけて、結局は東京2日間の研修を受けることに。

 

いやいや、、、

東京で泊まりはヤバいでしょ?。

だってアキバ行っちゃうよ?。   

 

なんて言おう日には、

 

 

MataAkiba.jpg

 

こんな反応をされるかと予想していましたが、、、、

 

予想を覆す結果に!

 

え、いいの?。

じゃ、翌日は年休入れてさらにアキバで遊んじゃうよ?。

え、うそ、いいのっ?

 

理解のある嫁ちゃんで助かります。めでたく許可もいただきまして、

2泊3日アキバの旅!。(いやいや、目的は研修だから!)

どんだけアキバが好きなんだっつーの、俺。

 

 

で、研修初日。

研修用の筆記用具、3日分の服装、週刊アスキーの切り抜き、など

背負うバックに全てを詰め込んで初日から一杯の状態でのスタート。

(アキバを満喫するために手荷物は極力避けたいので)

 

まさにスーツを着た山下清。

 

始発の電車と新幹線を乗り継いで東京へ出発。

途中の電車でアキバを通り過ぎる・・・。

「グッバイ、アキバ・・・、すぐに戻ってくるよ」

 

そうしてアキバに思いを寄せながら研修を受講。

 

そして研修が17:30に終わると、

ホテルにチェックインしてすぐさまアキバへ直行!。

(徒歩と地下鉄で1時間くらい)

 

いやー、落ち着く。この街。故郷のようだ。

しかし残念ながら、愛してやまないジャンク品やガラクタを

取り扱う売るアヤシイ店は早くも店じまい。

なのでメジャーな店で、スマホや周辺機器などを一通り触っておく。

 

ちなみにアパホテルに泊まったのだが、

客室に置いてあった漫画「アパホテル物語」を読んでしまった。

APA.jpg

これが意外に面白い。ホテル王になるまでにサクセスストーリー的な感じだが、

「現場重視」「逆張りの発想」の視点にはとても賛同できるものがありました。

(実際は本当かどうか知りませんが)

 

ただ、1点解せないのは、

「あの」おばちゃんが美化されすぎている・・・。

 

あとAPAらしく、例のごとく、「右寄り」な本があるのはご愛嬌。

だけどもらえる新聞は左寄りな「朝日新聞」か・・・。

このミスマッチも何気にちょっと良かった。

 

 

ちなみに2日目も当然アキバで宿をとったので同じように徘徊をする。

 

アキバは外食産業激戦区。本当に色々と豊富で困らないが、

やっぱり一度は寿司をくらう。チェーン店だが一応「回っていない寿司」。

 

 SushiZanmai.jpg

 [「寿司ざんまい」のマグロ3種]

 

このマグロが普通にメチャ旨い。

東京はなんだかんだ言って築地が近いから。

地魚とかは各地の漁港近くがおいしいと思うんだけど、

寿司ネタになるようなメジャーな魚ってのは

東京が一番旨いと思う。コレ本当。

 

 

で、いよいよ迎えた3日目はガラクタショップを重点的に視察。

 

結局今回、一番収穫だったのは、CPU陳列ケース(300円)。

アキバや大須のジャンク屋ではこのCPU陳列ケースにCPUを配置して

ショーケースに並べているのだが、これが自宅でできるなんてサイコーじゃん。

 

高校生の頃から始めたPC自作。

初代のPentium 120MHzから続く自作CPUの系譜があるわけで、

そんな歴代CPUを並べるだけでそれはもう圧巻なわけ!。

(機会があれば画像UPします)

 

とまぁ、今回も収穫がいろいろとあったわけですが、

収穫がありすぎて、帰りの荷物の多さがキツかった・・・。

背負いカバンがパンパンの山下清が両手にショップの紙袋をぶら下げて、

ひーひー言いながらがんばって帰りました。

 

そんな姿は誰にも見られたくないと思っていたんですが。。。

 

自宅のマンション直前で、

 

「○○くーん!」

 

自分の名前を呼ぶ声が!。誰っ?。

すでに暗い中ですれ違ってしまったのは、なんと、

 

嫁ちゃんのお母さんでした・・・。

 

「な、なぜ・・・」

 

「研修ご苦労様でした!。今までマンションにお邪魔していました。」

 

と、気さくにしゃべりかけてくれるお母さん。。。であったが、

両手ふさがり状態の山下清なNatasyaを見て、

いったい何を思っていたのかは、とても怖くて聞けない。。。

 

AKIBAMIYAGE201210.jpg

 [今回の戦利品の数々]

2015年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アイテム

  • NeoGeneration.jpg
  • DonadonaGame.JPG
  • AKIBAMIYAGE201210.jpg
  • SushiZanmai.jpg
  • APA.jpg
  • MataAkiba.jpg

月別 アーカイブ