2008年6月アーカイブ

失われたもの

会社の制度上の都合で平日に3連休と取ることとなった。

「平日、何をしよう?」 と嫁ちゃんに相談したら、
「豊田の廃線を見に行こう」 って返事があった。

なんてデキた娘なんだろう。。。
そう思った。


nishinakagane.jpg

[名鉄三河線の終点 西中金駅(廃駅)]

愛知県の三河地域を縦断する名鉄三河線。
その北側の終点駅は現在、猿投(さなげ)駅になっているが、
2004年まではこの西中金駅だった。

廃線になって4年・・・。
レールは草が生い茂っていたが、建物やホームはほぼそのまま残っていた。
「もしかしたら将来、復活なんてこともあるかもな」
なんて期待が本当に沸いてくる。

実際に豊田市駅からの三河線(山線)は非常にローカル色が強い。
はっきり言って、山や川を縫うように走る鉄道である。
それゆえに、川沿いを走る、トンネルをくぐる、など、
マニアにはたまらない仕様になっていた。

矢沢栄吉風に言うと、
「もったいない!」 だ。


ってか、トヨ○自動車に愚痴を言いたい。
ト○タホームとか、○ヨタスマイルライフとか、住宅関連会社いっぱい持ってんじゃん。
なんで、豊田市をもっと活用しないんだよ。岡崎とか周辺地域にばっか物件を作るのよ?。
豊田市内でも四郷とか、広瀬とか、栄えていないけど鉄道沿線の地域ってあるじゃんよっ!。

書いてて思った。
「あ、鉄道沿線だと車が売れないか。」

そんなわけないと思うけど、
言いたいのは、鉄道は一度失ったら戻ってこない。


日本が先進国であるのは鉄道が早期に発達したことが大きいと思う。

歴史的に見ても過去に日本が統治した地域(韓国、台湾)などでは、
日本統治時代に敷設された鉄道がその後の発展に貢献したことは間違いない。
高度成長中の中国では鉄道網の整備は今でも盛んである。

しかし、今の日本は自動車社会。
鉄道が失われていくのは日本の成長の歴史が奪われるようで切ない。

日本的言論の自由

2007年世界の「言論の自由」ランキングというものがありまして、
それによると、日本は39位なんだそうで。。。
ちなみに「報道の自由」というのはさらに低い51位だとのこと。

日本は一応、「民主国家」で「先進国」で「憲法で言論の自由が保障されている国」
という形をとっているし、私もそのような認識を持っているので、
世界ランキングで39位やそれ以下ということに対して、
「自分の耳はもしかしたら宇宙人に拉致されてその際に着けさせられた耳なのではっ!?」
と、ついつい耳を疑いたくもなる。 多くの人は同じように感じるんじゃないかと思う。

でも最近は日本のテレビや新聞から発せられる情報はコントロールされているモノなんだと
自分的に認識しているので、「報道の自由度」ランキングが低いことに今さら特に抵抗はない。


では、「言論の自由」ってのはどうなんだろ。
最近のある事件を元に勝手に検証してみたりする。

ある事件とは、
「フジテレビアナのSMAP解散しろ発言、を暴露した新人アイドルブログ問題」である。

詳細はググるなりしてほしいが、ポイントだけ説明するとこうなる。


1.新人アイドルのアルバイト先にフジテレビのベテランアナがくる。
2.そこでベテランアナが「SMAPはもう引退しろ」と愚痴っている。
3.それを聞いた新人アイドルが自身のブログで「それは無いよね」と、ぶっちゃける。
4.2ちゃんねるなどで祭が開催される。 (多くはこのアイドルへの批判)
5.ブログは閉鎖。事務所からは「私は書いていません」のコメント。


他のサイト等では、このアイドルの行動がかなりの問題視されている。
事実であると仮定すれば、自分もさすがにこのブログの内容は問題だと思う。
これによるフジテレビアナの立場への影響が甚大すぎる。
書き込み者自身が芸能人である以上、世話話ではすまない。
きっとこの新人アイドルは業界から追放されるだろう。

芸能界では、タレントのブログ管理について事務所が日々頭を悩ませているらしい。
ブログというのが、オフィシャルとアンオフィシャルのどちらにもとらえられるからだと思う。
(皮肉なことに一般人はアンオフィシャルな内容を芸能人ブログに求めている)
芸能人ブログとは、言論と報道の中間点にあるということがいえる。

報道にはルールがあるが言論にはルールがない。でも言論にもマナーは必要だ。
今回の騒動から、ブログでの言論にも世論的浄化作用が働くことが読み取れる。


mixiでも同じことがある。
全身ヤケドの患者さんが本屋に来た様子を携帯カメラで撮影して、
ミイラとかクサイとか書いた日記が炎上したことがある。これは典型例だが
その件以外でも、自制を要求するコメントがあるのを結構見ることができる。


こういった現象を海外のメディアは「言論の自由度が無い」と見るかもしれない。
しかし「空気を読む」ことの重要さ。言わなくていいことは言わない慎ましさ。
これを重んじるのが日本人的感覚なのかもしれない。

⇒報道の自由ランキングが低いのは、なんなんだけど、
 言論の自由ランキングは低くていいんじゃね?
 と勝手に結論づけよう。


結婚式の二次会のビンゴ景品用に、こんなのを買ってみた。


Dancing poolman.jpg

[ビードで昇天! ミュージックバイブ ポールマン]

このポールマンにipodなどを接続して音楽を流すと、
音楽に連動してバイブレーションするのだっ!。
「センパイ、激アツです!」って声が今にも聞こえてきそうだ~。
使い方はよく分からんがDJコントローラ付きだそうで。。。


僕は空気が読める人間なので、きっと二次会はこれで大盛り上がり間違いなしです。

2015年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別 アーカイブ