2009年8月アーカイブ

加護亜衣は広末涼子に似てきた

夏の終わり...

セミの声もつくつくぼうしに変わってきたことで、
それをしみじみと感じるようになってきた今日このごろ。
そんな中で私はというと、

  ダイエットの為にまた自転車通勤を始めた・・・。
  そして、しょうゆは薄塩に替えた・・・。 (お約束)


さて、川沿いの堤防では、この時期になり除草作業を始めていた。
暑い中の堤防を自転車で走っていると、雑草からモワッした空気が発せられる。
除草によってあれが無くなることは個人的には非常に嬉しくもある。
そんな中でひとつ気になってしまったことがあった。

  堤防で草刈りをしているおぢさん達は、
  堤防のエロ本まで刈っていってくれるのだろうか?

気になってしまって、色んなところがプルプルし始めたので
くそ暑い中にわざわざ自転車を降りて確認をした結果、

「おぢさん達の仕事には、エロ本回収は含まれていない」ことが判明した。


otakara.jpg

[堤防名物エロ本]

これじゃ日本の堤防からエロ本が消える日は訪れっこない!。


ひきつづき、
この世の不条理さを感じて脱力感の中で引き続き自転車をこいでいると、
私の視線の端のほうに「何か」が入ったことに気付いた。

普通の人だったら何事もなく、背景の一部として処理されてしまったかもしれない。
しかし私の場合、その「何か」の姿が脳の中のデータベースと一致したことで、
「確認せよ!」と頭がアラームを発してきたのだ。

急いで自転車を止めて、その「何か」があったところに足を運ぶ。

「まさか こ、これはっ!?」


kokeshi.jpg

[いわゆるジョーク商品]

なんと、ジャパニーズサイズのこけし様ではありませんかっ!

○j乙 <ありがたや~

なんと、こんなところで出くわすとは。。。
というか、なんでこんなところに!?。


その時突然、頭の中に昔の思い出がフラッシュバックしてきた。

 そう、あれは高校生の遠足?だった。
 その時もクソ暑い中で遠くの寺まで歩かされる学校行事だった。
 途中、堤防を歩いていく行程となっていたが、なにか先頭の方が騒がしい。

 何かと思って男友達とダッシュしてそこに行ってみると、
 堤防のある場所に、テッシュやゴム(風船が作れる)やジョーク商品が散乱していたのだった。
 高校生の男達はバカばっかだから、それを拾っては友達に投げつけあって盛り上がった・・・。

今、思えばなんてくだらない。
でも、それが楽しかった・・・。


「堤防」  それは、楽しくも悲しいテーマパークである。

私、どうもヘルニアらしいです

マンションに住むと、ポストにたくさんのチラシが入ってくる。

あまり知らなかったんですけど、今はピザ以外にも色々なデリバリーがあるんですね。
そしてある日、レストラン「ガスト」の配達バイクがマンションの前に止まっていた。


gust.jpg

[ガストの配達バイクの箱を激写]

このバイクのマーク、、、なんかに似ている。
そう思って以来ずっとモヤモヤとしていましたが、ようやく判明しました。

それがこのマークでした。


eighteen.gif

[18歳未満お断りのマーク]

そうです。
いかがわしい店によくある18歳未満お断りマークだったのです!。
手の形が似てない?。

発想がホントにしょ~もないな、オレ・・・。


でも、そういえば、このマークの「18」の数字の部分を俺の名前に加工して、
「ロリコンお断り!」 と書かれた年賀状として送ってきた友達がいたな。

発想がしょうもないのは俺だけじゃなくてよかった~!。
(ちなみに俺ロリコンじゃないけど)


さて、発想がしょうもない、といえば
近年、腐女子の間で流行っているという「BL」ですよっ!。

たまたま通院している病院で読んだ週刊誌(女性セブンだったかな?)に、
読みきりでBL漫画が掲載されていて、待ち時間に思わず読んで見たんだが、
発想がホントにしょうもない・・・。

BLってのは、ボーイズラブの意味で、昔でいう「やおい」ってやつですな。
要するに、男と男のカラミを題材にした漫画なんですが、ほんとーに発想がしょうもない・・・。

今回読んだのもそうだけど、他でも読んだことのなる内容としてはいつも同じ。

大抵の内容はこうだ。
男好きの男性(要するにホモ)が、そうではない一般の男性(ノンケ)を誘惑して、
始めは拒絶するノンケ男性が次第に男同士の行為に堕ちていく、という内容・・・。(う~ん。。)

そういった漫画を書く人(ほとんどが女性)はその堕ちていく過程の描写が好きらしいですな。
(愛読書の週刊アスキーにも過去にそんな腐女子が連載していた)


男の俺からすると、「そんなことはありえ無い!」 と言いたいが、
世界広しでそういう世界もあるかもしれないといえばそうかもしれない。

でも、一般の週刊誌に連載されたりすると、そういう認識が一般化しそうで怖いわ・・・。
BL漫画家の皆さん、ほどほどにお願いしますよ・・・。


あと、大人のおもちゃなどには必ずといっていいほど
「これはジョーク商品です」って書いてあるのはなんでだろうな。。。

俗 熱い夏 '2009

メタボ解消のために自転車での通勤をしてみると、
やっぱりこういうものに巡り合うのはこれはもう運命としかいいようがない。


kusamura.jpg

[堤防沿いの草むらに落ちているエロ本]

なんでだろう、、、
堤防の草むらにはエロ本が落ちている率が非常に高い。
でもなぜか、緑々と生い茂る草の緑とエロ本の中の裸体ってのが、
なんていうかマッチしすぎていて、もはや芸術的な感じすらする。

そんな芸術的に風景に導かれて、「これは是非写真に収めたい!」と思った。
そんなこと思う時点で自分ってどうなんだろう、と思いながらもなかなか撮影できなかった。

朝夕の堤防って意外に人が多いんだよね・・・。
通勤/通学している人、ジョギングしている人、犬の散歩している人。。。

そんな人に多数の人が通行しているところで、
「何か30前後の大人が自転車降りて何かしている」、ってことになれば、
その人物こそがエロ本を置いた超本人である、っと言われかねないのだ・・・。

結局、自転車を降りているときに人がきたらそのままで
「自転車のチェーンを直しているふりをしよう」的な作戦を考え出し、
ようやく決行に至ったのである。

そんなこんなで、このピンボケしている画像を取るのに、
毎日同じところを通って実は1週間の時間を費やしているなんて、


こんなこと絶対恥ずかしくて人に言えない!。

ちがうかーーっ


話は変わって、ドラゴンクエストがなかなか面白い。
この年になってゲームってどうよ?的なことを言われてもしょうがなけど、面白い。
RPGなんて本当に久しぶりで、ゲーム三昧だった学生だったころを思い出し
涙しそうになってしまうくらいに没頭できる。

なんていうか、普段の生活で難しいことばかり頭使ったり気を使ってばかりいると、
こういう、決められたストーリーをただ延々と進めていくっていうのは「楽でいい」。
それでいてところどころに小さな喜びが作られているので、ことある毎に嬉しくなる。


あと、大人の目線でドラクエをやると結構エロい場面に遭遇することがある。

今回のドラクエでは、結構細かい装備などが設定されていて、
鎧などの防具も上半身と下半身で個別に装備があったりする。

ある村に行って防具屋を見て見ると、「ブルーガード」っていうパンツ(ブルマ?)
みたいな下半身用の装備が売っていた。意外に防御力が高いので買うことにしたのだが、
今回のドラクエってのが意外に親切で、買った防具をその場で装備できるようになっている。

防具屋のおっちゃんが、「すぐに装備していくかい?」って聞いてくるので、
「はい」と答え、装備するキャラクターを選択する。
その際、ブルーガードってのが、女性専用の防具だったので、
唯一の女性キャラクターに装備させようと思い、そのキャラクターを選択した。

するとっ!!
「○○(そのキャラクタの名前)は、ブルーガードを装備させてもらった。」
と表示されたのだ。

そしたら俺の中で想像がえらい膨らんでしまって大変なことになった。

ブルマ(みたいな装備)を武器屋のオヤジという見ず知らずのおっさんにはかせてもらう・・・。
皆さんも、そん時のブルマをはかせる時のオヤジの顔と、おっさんにはかされている
女性キャラクターの顔を想像してごらんなさいよ。なんかこれ、


絶対に変なプレイだーー! (/ ´Д`)/


なんか、大人ってイヤですね・・・。

2015年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別 アーカイブ