2008年4月アーカイブ

失われるもの

今も鉄道に心を惹かれる者がたくさんいる。

そして私もその一人・・・。
鉄道好きと言うと幅広い鉄道マニアと思われるかもしれないが、
私は単純に「路線」や「廃路線」が好きなだけである。

そして先日も、かつて岡崎市と豊田市間に存在したという
名鉄挙母線跡を始点~終点までめぐる旅をしていた。

 


koromosen.JPG

[名鉄上挙母駅から出ていた挙母線跡]

鉄道で岡崎市と豊田市間を移動しようとすると、
愛知環状鉄道(旧国鉄太多線)というイメージがあるが、
実は国鉄が開通する以前の昭和40年頃までは名鉄が走っていたのだ。
それが名鉄挙母線なのだが、なんと昔は自分の実家の目の前を
線路が通っていたというのだからその存在をしった時はビックリ仰天だった。

今は廃線となってしまっていてその多くは形として残っていないが、
なぜかビリビリとロマンを感じざるえなかった。

なぜ鉄道にはロマンがあるのか?。
今でこそ、鉄道は通勤や通学の足というイメージになっているが、
昔は日本近代化の象徴だったし、鉄道によって地方都市が発達した。
その鉄道路線を追えば、明治日本の歴史や地形、都市の姿が見えてくる。


はたして岡崎市と豊田市を鉄道で結んだ理由はなんだったのか?。
それを解き解くと当時の時代の何かが見えてくる。そしてそれはなんだったか?それは・・・

おーしえないっ! (究極のジラシ①)


愛知県の山の方には足助という歴史のある街がある。
香嵐渓の紅葉が有名なこの街は観光シーズンになると一般道路が
無茶苦茶な渋滞になり、地元の人は身動き取れなくなるという。
足助に鉄道を引き込まれていれば・・・と昔から思っていた。

実は足助に鉄道は伸ばされていた可能性は十分にあった。
この挙母線の前身である岡崎電気軌道と、名鉄三河線の二社は
足助までの延線を計画していた。特に名鉄三河線は足助の手前まで
線路を引く用地まで建設していた。なのになぜ引けなかったのか?。それは・・・

おーしえないっ!! (究極のジラシ②)


自動車等の発達により地方の多くの鉄道は廃止に追い込まれている。
鉄道は膨大な敷地を必要とするため、現時点での路線新設は難しいし、
一度廃止にしてしまえば、その後に復活させることはできないだろう。


これからも会社通勤は電車にしよう。自分はそう決めている。

何が好きだっていいじゃんかっ!

「うわぁ~、宝石箱やぁ~」

Natasyaが美食ネタから離れている間に、某まろがグルメレポーターとして定着している。
グルメと下ネタという究極で最低な組み合わせでブログ業界トップを狙う者として、
やはりグルメにも気を抜けないので、久しぶりにグルメってみた。

岡崎市で今一番ホットなエリア(?)が康生町である。
三河地区の建造物で一番の高さをほこる地上28階建の高層マンションができた地区で、
岡崎の中心街である。(とはいえ、古い土地柄だけに最近は寂れているが)

ここに行列ができる一軒のインドカレー屋がある。SHUBHAKAMANAという店だ。
親に聞くところによると、経営者が脱税したらしく、一時閉鎖の危機があったそうな。
そのあたりの胡散臭さが非常に好感を持てる店である。
(よくよく調べてみると、チェーン店のようです)

では、取り上げる上でこの店の素晴らしいところはどこか。
それはお得なランチである。


SHUBHAKAMANA.jpg

[カレーランチ680円。]

ナンがデカ過ぎて食べられません。。。
それを知っててか、途中でお持ちかえり用の袋まで持ってきてくれる心配り。
ナン生地自体は甘い味と香りがして、歯ごたえがシッカリとするやや固めの仕上がり。
カレールーは、スパイシーでインドカレーっぽい。辛さは細かく選べれるのでGood。
とろみは控えめでスープみたいな感じかな。

味で言えば、今まで食べたところで2番目のおいしさ。
量で言えば、完全に一番デカイ。しかも680円。ありえん。
きっとギャル曽根ちゃんも満足するに違いない。

そういえばこの前TVでやってた、TBSのオールスター感謝際を見ていて、
マラソンするギャル曽根に心を奪われた・・・。


sone&suzannu.jpg

[ギャル曽根ちゃんとスザンヌちゃん]

「全力疾走するギャル」、日常見られない光景だから、ってだけでなかった。

白く輝く体操服、なびく巻き髪、それはただの自分のフェチだが、
それ以上にギャル曽根の一生懸命さが印象的だった。(それでいて足が早い)
若いコが決して見せたがらないような一生懸命な顔をして全力疾走するのだ。

大食いの時も決して苦しそうな顔をしないところが好きで前から隠れファンであったが、
パッと見ギャルでも素はピュアな感じ、そういうところにグッと来るものがある。

たとえていうなれば、今のグラビアアイドルってのはその逆である。
パッと見はピュアを装おうとしている、でも中身は・・・。(←別に知ってるわけじゃないけど)
そういう見慣れてしまっているジャンルの女芸能人と正反対をいっているところが、
自分の中で輝きとして見えるのだろう。

安めぐみ、スザンヌ、ギャル曽根、しょこたん、そして嫁ちゃん・・・。

ヽ(;▽)ノ 自分の好きなタイプ見えたーーーっ! 

そういう意味でいうと、このギャル曽根ブログから勝手に拝借した画像は
スザンヌとのツーショットでまさに神画像である。


PS.最近ツンデレキャラの西川史子女医がアツイ!。。。かも

2015年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別 アーカイブ