2006年2月アーカイブ

夢の島

Natasyaが興味深々な「島」が日本に2つある。

ひとつは三重県にあるという「売春島」。
なんでもその島では売春自体が公認されている?という、まさに伝説の島だ。
※ただどうも、おばちゃんや外国人の方ばかりらしいのだが。。。

それよりも最近特に注目しているのはこの島だ。


gunkan.jpg

<軍艦島>

King of 廃墟といわれる「軍艦島」は長崎県に現存する。
見た目がまさに軍艦に見えるからこの名前だという。
明治から昭和30年代に炭鉱で栄えたこの島は、今では無人で廃墟と化している。

昭和の初期に人口5000人に達したこの島は、世界最高の人口密度だった。
非常に狭い敷地に高層ビルが乱立するその姿はまさに近未来的。
まだ東京にも平屋が建ち並んでいた時代にすでに超近代文明をもった島だったのだ。
まさに仮想大陸であるムー大陸を具現化したような島といえるのではなかろうか。

エネルギー資源が石炭から石油に変わったことで人は島から離れ廃墟になったが、
今も尚、当時の建物郡は勇敢にそびえ立ったままなのである。
Natasyaは廃墟マニアだ。ものすごくこの島に行ってみたい!。

最近はなかなかマニアっぷりな活動をしていないのだが、学生の頃には友人と
夜中によく廃墟に忍び込んでいたものだった。
色々回った廃墟の中でも一番キタてたのは、A知県F岡町にあるF岡病院。
山の奥に聳え立つ病院で、その後資金繰りが悪化したのだろう、そのままの形で
廃墟としてのこっている。ただしその周りは有糸鉄線で張り巡らされ浸入は困難。
そんな中へ巧な小細工を使って浸入を試みる。そして心霊現象が起きそうな病棟を
徘徊する・・・。恐怖と好奇心がただひたすら降りかかる状況が好きだった。

嗚呼・・・、そんなアドベンチャーをまたしてみたい。
最近のただ毎日繰り返される平凡な日常にこういった刺激を欲してしまうのはなんだろう。
人間の3大欲望に対して疑問を感じてしまう。「実は恐怖欲ってのもあるんじゃないのか」って。
そんな勝手な妄想をしながらも、今日も仕事とダイエットに取り組むNatasyaであった。。。

http://www.gunkanjima-odyssey.com/

グラビアアイドルに求めるモノ

コンビミなどで雑誌コーナーを見ると溢れているのがグラビアアイドルを表紙に使った雑誌だ。
ヤングサンデーやヤングジャンプなどの青年漫画雑誌などがその多くだが、
確かにムチャ可愛いアイドルが表紙だったり、大きい胸を強調したショットなどがあると
ついつい手に取ってしまうのだから、これは非常に的を得たすばらしい出版社側の
アイデアだと思う。まさに賞賛に値する手法だ。

しかしながらその対象になっているグラビア写真の品質には疑問を持っている。
撮影者に私は言いたい。
「最近のグラビアは、顔や体のラインなどの「外面」を強調するだけになっていませんか?」
上目遣いの顔のアップ。雌豹のポーズ。そしてマニュアル通りの表情・・・。
現在のグラビアでは、あくまでもアイドル自身の「肌」にしかカメラは向けられていないのだ。
アイドル自体の存在、それは雑誌の為に作られた偶像でしかない。

私みたいなマニアになると求めるのは変わってくる。
それは彼女達の「内面」なのである。
「彼女達はどういう顔して怒るんだろう」「彼女達はどういう顔して泣くんだろう?」
泣いたり、怒ったり、そういう仕草は通常見せない表情だ。でもそこからその人の
性格がにじみ出てきているのだ。私は彼女達の内面を知りたい。そして惚れたい・・・。

このブログで「ゴスロリとメイドの違い」について語ったことがある。
ゴスロリは外見のみの変装で、メイドは+キャラクタ。そして萌えだというNatasyaの持論。
グラビアにもまさにその理論が当てはまる。
男がグラビアアイドルに萌えるモノ、それはまさにこういう写真なのである。。。↓


lovemiki.jpg

<☆愛しのミキティ☆>

たまんないっす!。萌えっス!。このラブリーな表情!。
ご飯何杯でもいけそうなこのミキティーを掲載していたのは中日新聞であった。。。
グラビアとは本質的なものとは違うかもしれないが、グラビアは商業目的なのだから
このぐらい胸がホットになるようなところまで追求してもらいたいものである。

猥褻物陳列癖がある貴方へ

今週は私好みの事件が豊作な週だった。。。

<以下、ニュース引用文>
>福岡県筑後市の県警筑後自動車運転免許試験場(徳永政治場長)で1月、
>県交通安全協会の男性職員(68)が免許更新の講習中に誤ってアダルトビデオを
>流していたことが分かった。試験場を管理する県警運転免許試験課は
>「信じられない話で恥ずかしい限り。再発防止に努めたい」と話している。
>県警によると、1月15日午前9時半から始まった違反者講習で、講師の男性職員が
>啓発ビデオを流そうとしたところ、アダルトビデオの映像が流れ、数秒後に本来の
>啓発ビデオに切り替わった。
>約1600人が訪れ、九つの教室すべてで講習が開かれていた。啓発ビデオが
>足りなくなったため職員が持ち合わせていたテープにダビングしたという。
>テープにはわいせつな映像が収録されており、完全に重ね撮りできなかったらしい。

なんとまぁ、お粗末な事件で・・・。
日常生活において、ビデオを重ね撮りして前の映像が残ってしまうケースってのはよくある。
だからまぁ気持ちは分かるなぁ。しかし講習用に使ったことは浅はかだったとの一言に尽きる。
この男性職員(68)は、きっとレンタルビデオ屋から借りてきたビデオを、その後にも
鑑賞できるようにテープに録画してきていたのだろう。男なら誰もがやる手法だが、
俺はちょっとマッタと言いたい。

実はアダルトビデオには俺なりの哲学がある。
アダルトビデオやエロ系雑誌などのその手のモノっていうのは正直二回目以降は萌えない。
ストーリーやシチュエーションが分かっているとなぜかムラムラしなくなるのだ。
だからアダルトビデオっていうのは絶対に買わない。AVは「借りるモノ」なのである。
俺はAVは買わないしダビングもしない。その借りた期間に集中して鑑賞する!。

それが俺なりのAV女優やAVメーカーに対する最大の敬意なのだ。


 

takoika.jpg

男用にしては可愛いデザインなのでちょっと気になってマス。。。

みなさん、かんばんわ

昔のテレビ番組で「ボキャブラ天国」っていうのがあって、今日はその中のコーナー
「かんばんわ」っていう感じのノリ。あれはすごくつまらなかった。

よく交通事故が多い交差点なんかで、「目撃者を探してます」的な看板が
出ていることがよくある。保険会社間でもめたりすると出てたりするわけです。
しかし、これはなんだろうか。


kanban.jpg

<某K市で発見した看板>

こ、これわ。。。なんてレアな看板なんだ!。
7:55分位にフジテレビでやる「わんこ募集中」とは訳が違うぜ!。
ところで一体何をしてしまったというのか、この一人歩きの高齢者は?。
しかもその高齢者の外見の特徴などは一切かかれていないのも
小牧警察署の硬派というか、やる気の無ささえ感じる看板だ。
たとえ見たとしても一体何を警察に伝えればいいのだろうか。「一人歩き」ではなく、
「一人よがり」とか、「一人○ッ○」してましたよ、っとでも言えばいいのか。


PS。辻ちゃん加○ちゃんコンビはもう見られないのか・・・。
   NEWSといい、加○ちゃんといい、もうアイドルとしての自覚無しですな。
   ちなみにあやぱんの破局は前向きにとらえたい。

2015年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別 アーカイブ