2009年3月アーカイブ

幸せの靴

東京―九州間のブルートレイン(寝台夜行列車)が廃止になった。

少し寂しい気もするが、今の時代において九州に行くのにわざわざ寝台列車で
行こうとする発想が鉄っちゃんを除く一般の人には沸かないのだから仕方ない。
九州向けには新幹線があるのだから、それとの差別化は正直難しいと思う。

そんな中で生き残っている寝台列車は貴重な存在だ。
特に大阪~札幌間で運行される寝台特急列車トワイライトエキスプレスは、
豪華な設備と日本海の景色を堪能できる眺望から超人気列車になっている。
このトワイライトエキスプレスの切符は超人気で、普通に取ろうとしても取れない代物である。
B寝台ですら難関。A寝台はまさにプラチナチケットになっている。(とネットで書いてある)


実は、今年は入社10周年。会社からは5連休がもらえることになっている。
そこで嫁ちゃんとの北海道旅行を企画しようとしている。
その目玉企画としてこのトライライトエキスプレスを狙おうと思っているのだ。
むぅ、我ながら熱い企画だぜ!

とは言え、切符が取れなくては意味が無い。


チケット入手のチャンスはJRの切符が発売開始となる乗車1ヶ月前の日の午前10時。
トワイライトエキスプレスの切符を取ろうとした場合、そのタイミングの逃すともう取ることはできない。
この時間になると切符を取りたい人が全国の端末から一斉に切符の手配が申し込む。
いわゆる「10時打ち」ってやつだ。これで狙うしかない。
旅行のある程度の日にちはすでにFIXしている。
よって、チケット入手の為のチャンスは限られている。

まず、まっさきにJRの緑の窓口で10時打ちをお願いしてみた。
「トワイライト」という言葉を伝えただけで、窓口の人の表情が険しくなった。
「難しいでしょう・・・」 明らかに拒否ってる表情。
あぁだこうだ言っている間に後ろに並ぶ人たちが列を成してきて迷惑そうな顔をしている。 
これ以上の折衝は大勢に迷惑をかける。そう悟った俺はその場を後にした。

所詮は営業心の無いJRの役人達よ。さらば。

相談先が間違っていたと思った自分は方針転換、JTBの窓口に向かう。
最初に対応してくれたJTBのお姉さんの話では、ここで10時打ちは対応できないという。
本店でならば対応しているという情報を入手し、本店へ移動。

その本店で応対してくれたお姉さんは、「難しいと思います」と言いつつも嫌な顔はしなかった。
とりあえずダメもとでお願いし、取れなかった場合は飛行機へ変更するので要連絡とした。

往路の結果日の11時。予定通りお姉さんから電話が入る。結果は残念。
その日の夜、行きの飛行機(旅割)を泣く泣く予約した。

復路の結果日、なんと大事な携帯を家に置いてきてしまった。
就業中はチケットの結果が気になってしょうがない。
その日が偶然にも定時退社日だったので定時後にすぐにJTBに向かった。

「あの~、10時打ちをお願いしてた件なんですが」 と言うと、すぐにわかってくれた。
そしてお姉さんが事務所の奥に何かを取りに行く。 「まさか・・・ね?」

そして何かを手にもってカウンターまで戻ってくる・・・。
「携帯にご連絡したんですが、お出にならなかったので。。。」
そして袋から出したものは、


TwilightEXP.jpg

[トワイライトエキスプレスの特急件と寝台券]

キターーーーーーーーーーー(゜∀゜)ーーーーーーーーーーー!!

「取れちゃいましたよ♪」 
どこかしらお姉さんも嬉しそう。

切符の代金は現金払いでないと、変更の際に制限がついてしまうらしいので、
銀行ATMまで現金を下ろしにいくことにしたが、すでにJTB営業時間外になっていた。
「扉がしまってますが、コンコンとやってください。空けますから」

JTBのお姉さん、超優しい~。
惚れてまうやろーー。 
違う意味でコンコンしちゃうぞぉー。


現金で支払いし、ついに切符を手にいれた。
うお~、なんかコレ、ドラクエ3で[幸せの靴]を手に入れた時の充実感だ~。

さて、北海道旅行が楽しみです。

おくりびと

今年もやってきた!。
あの熱い一日が。。。

そうです。知る人ぞ知る相川七瀬のライブです。

相川七瀬のライブに行き始めたのが約10年も前のこと。
当時の会場は名古屋で2番目にでかい会場のレインボーホールだった。
それがセンチュリーホールとなり、アポロシアターとなり、大須のレディランドとなり、
そして今回は、OZONです・・・。あぁ、時代を感じますなぁ~。

まぁ、来るところまで来たカンジがありますが、
これだけ小規模になっても活動を続けていることが凄いところです。
それに、スタンディング形式になってからが逆に盛り上がり過ぎて熱いので
結果オーライってところでしょうか。
しかし今回、仕事の都合で会場入りが遅れてしまい、残念なことに
七瀬との距離は約7m程度ありました。(前から6列目くらい) 悔しいッス。

さて、毎年恒例、ライブ内での七瀬へのカラミに関してですが、今年は控えめでした。
それは以前に比べてファンも手薄になったというか、ぬるいというか、
積極的に絡んでいこうという客も少なくて、自分もタイミングが取りづらいカンジでした。
それでも、自分の掛け声で3回程度は会場の笑いを取ることができました。

「七瀬、カンペキっす~!」
「七瀬、こっち向いてーー!」
「も、もう足がツりそうだよぉぉ~~」  などなど。

大して面白いこと言ってないですが、要はタイミングですな。


しかし、久々のアルバム発売後のライブということでアルバム曲から多くが
選曲されていましたが、今回のアルバム、実は内容的に・・・

「イイんですっ!」

今回のプロデューサーがDJの人で、テクノっぽいリズムでカッコいいんです。
かつての名曲、「夢見る少女じゃいられない」のリメイクもカッコいい仕上がり。
実はアルバムを聞いていなかったんですが、帰りに購入してしまいました!

いやー、色々なライブに行きましたが、
やっぱり七瀬のライブが一番盛り上がりますな!。
なんだかんだ言っても素材がいいのです。そしてライブにかける想いが違う。

最近の自分は、大橋のぞみに傾きかけていましたが、
なんだかんだ言ってもやはり相川七瀬が一番だということを改めて実感しました。


そんな中で最近、あるアイドルがブレイクしているという。
実はこのアイドル達、もっこりまんの2005年8月27日のブログに記載がある。

そう、ゲームメーカーのナムコが出している「アイドルマスター」というゲームに
登場するキャラクター達だ。 当時はゲームセンターで育てるゲームだったのだが、
家庭用ゲーム機XBOX360で登場、そしてこの2月にPSPで改めて発売されたのだ。

しかし、これをたかがゲームと思うことなかれ。
彼女らのゲーム内でのライブシーンの映像に、初音ミクといった合成音声を合わせてたものを
オリジナルのライブ映像としてニコニコ動画に配信する職人達が多数表れたことで、
アキバボーイの間などで草の根的に人気が爆発しているのだ。

2月に発売されたPSP版はそういう事情の中でPSP期待の作品となっていた。
そして、がっぽり儲けようとメーカーは対オタク商法をとってきた。
アイドル毎に3種類のバージョンに分かれて発売されているのだ。(各5000円程度)

やり方がひどい。
内容はほとんど一緒で登場するキャラが違うだけですよ。
オタクの人達は3本とも買わなくてはいけなくなるじゃないですかー!。

そんなメーカーを心の中で糾弾しつつも次の瞬間、
自分の左手にはそのアイドルマスターが握られていた・・・。


idolmasterSP.jpg

[PSP版アイドルマスター]

いや、、、なんというか興味がありまして。。。

昔、周りで「ときめきメモリアル」ブームがあった時もそれとなく買ったりしました・・。
(あれは面白さは理解できなかったですが・・・)

それと同じ、いわゆる興味心です。。。
決して、オタクでは、無い、、、とは、、言え、、ない、、、

悪いのは、週刊アスキーです!。
先週ので4ページに渡ってアイドルマスターの特集を組みやがったんだ!
あのプレステ3さえ4ページだったのに、なんでコレも4ページなのー!?
愛読書の影響を受けまくってます。

しかし、買う時はレジではさすがにちょっと恥ずかしかった。。。
しかも店員が若い女の子だったし。。。 でも、乗り切ったど!!
アダルトビデオとかとは違う恥ずかしさがある・・。

さて、家に帰ってきた!。嫁ちゃんは外出中でいない。
「よしっ、気兼ね無くやるぞーー!」

袋を破って説明書を読んでたらあることに気づいた。

店でレジに持っていったケースと、たった今手に持っているケースの絵が違う・・・。
「やられた!。」

店員はこのゲームに3種類のバージョンがあることを理解していなかったのだ!

俺は正統派アイドルキャラクタを選んだはずだったのに、
手にしたバージョンは、メガネっ娘アイドルキャラクタのやつだ。。。。
なんてこったぃ・・・。

明らかに店員のミスである。が、しかし、
「これ、バージョンが違うんですけどぉ~。
 僕が欲しいのはコレで、貴方がくれたのはコレなんです!
 ね!、こっちの娘はリボンで、こっちの娘はメガネで、違うでしょ!」って、
すでに開封済みのゲームを持ってレジで長々と一般人に交渉するのは、

さすがに無理です。。。


ナムコの馬鹿やろーー ヽ(´д`、)

2015年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別 アーカイブ