2011年11月アーカイブ

桃栗3年、TEO3年

TEOが死にました・・・。

 

ちなみにTEOというのは、ペットの名でもオナペットの名でもありません、

うちの富士通製のパソコンのことです。

 

 TeoDead.jpg

 [TEOのダイイングメッセージ]

 

これを買った時のこともブログに書きました。

http://mokkoriman.boo.jp/2008/10/post-53.html

 

それがわずか3年でお亡くなりになろうとは。。。

しかもメーカー保障を3年に延長してたのに、狙ったかのように3年+1ヶ月での死亡に無念極まりない。

ソニータイマーならぬ、富士通タイマーにハメられてしまった、という気持ちです。

 

ちなみに死因はやっぱりHDD。

リカバリー用データは、死んだHDD 内収められていたので基本的に自力では修復不可能。 

金出してメーカー修理に出すか、もう本体ごとバラして部品取りにさせてもらう、の2択です。

(ちなみに大事な写真データとかそういうデータはバックアップがあるんで、そこは問題無し)

 

しかしよく考えてみると、この3年間でパソコンを起動することがめっきり減っていたのも事実。

今年に入って自分はiPadを買ったし、嫁ちゃんはノートパソコン(VAIO)を買った。

ネットを閲覧するのはそれでいいじゃんってことで、

ぶっちゃけTV録画とブルーレイの再生ができればよい。

となると、普通にブルーレイレコーダか?。

 

いやいや、それじゃ普通すぎて面白くないでしょ。 

 

ということで、現在PS3+トルネを検討中。

PS3も色々といぢれるみたいで楽しそうだしぃ。 えへへ、ぐへっ☆

 

 

そんなリビングまわりの話はさておき、今回はコワーイ話をひとつ。。。

 

i-Phone、iPod-Touchとか、iPadとかに地図アプリってついてるんだけど(Androidにもついてる)、

GPS機能がない機種でも、地図アプリ開くと、なんと自分の現在位置が表示されるんです・・・。

 

こわっ!。

なんでわかるんだよっ!?

 

そもそもWiFi(無線LAN)の電波自体に、位置情報を取得するような仕組みは無いし。

 

ネットで調べてみると、その仕組みがわかってきました。

 

・地図アプリはWifiを通して、「とあるサーバー」に位置情報を問い合わせに行っている。

・「とあるサーバー」には、位置情報と、その周辺のWifi電波情報(SSIDやMACアドレス)が

 関連づけられた「とあるデータベース」を持っている。

・その「とあるデータベース」が、どうやって作成されたのかというと・・・ 

 なんとあのグーグルカーで採取していたらしい。

 

それって、どうなの!?。

Wifi電波情報(SSIDやMACアドレス)って、けっこうな個人情報だと思うんですケド!。

そりゃ電波なんで漏れることは前提の情報だけど、それを「意図的に採取する行為」っていうのは

グレーゾーンな事なんじゃないの?。

 

だってさ、MACアドレスは世界中で重複のない一意な情報なわけで。

もしサーバーに、「このMACアドレス使っている人はどこにいる?」って聞けば位置情報が

帰ってくるわけで。やろうと思えば個人の特定までできちゃうんじゃないか?。

そういう情報を、使っている本人の許可なく採取してデータベースを構築することってやっていいのかい?。

 

ま、そんな熱くなることじゃないのかもしれないけど、

自分の使っているSSIDや、所有しているMACアドレスが

勝手に他の第三者に収集&管理されている、っていう状況が気持ち悪くてしょうがない。

 

 

と思ってたら最近ニュースになってた。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1109/16/news026.html

 http://japanese.engadget.com/2011/11/11/lan-google/

 

一部では軍事利用への懸念も。。。

2015年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アイテム

  • TeoDead.jpg

月別 アーカイブ